2015年11月16日月曜日

RB2最終戦、行動詳細。気分はアイコネリの巻き

昨日の釣り、行動詳細。

今回の試合も時間がつくれずプラクティスできなかったので、3週間前に行われた第4戦の釣り方を踏まえつつ調整していく。
(第4戦では2m以浅でクランクベイト、4~5mレンジでスモラバを使って釣りました)

フライトは後ろの方。
巻きの釣りから始めるか?4~5mレンジの釣りから始めるか?フライトコールを待ちながら、他の選手の動きをみて判断することに・・
待ちながら眺めているとJR橋脚はみんなスルーしてさらに上流にむかって進んでいくので橋脚周辺で釣りできそう。ってことで先ずは4~5mレンジのスローな釣りから開始です。

開始からそれほど時間かからずにスモラバで1本、その後、パートナーも1本。最初はこの釣りで正解なのかな?と、思いましたが、その後反応がなくなり2本キープして次の展開。シャローでクランクの釣りをやってみたのですが、この釣りでもすぐに答えが返ってくる。
坂の下テトラ帯でimaシェイカー(ブルーバックチャート)を使って1本追加。(*我々がそのエリアを釣る前に数チームそのエリアで釣りしていたのですが、その後からでもしっかりとバスを引き出してくれる、本当に良く釣れる信頼できるルアーです。是非、使ってみてください)。同じエリアでパートナーがライトリグで1本追加し4本目。それから中流の旧護岸跡をクランクで流していたのですが後は続かず・・・中流は見た感じチョット水が悪い印象。それが原因で反応が悪いんじゃないかなと思い、2本釣ってはいるものの、この時点でシャロー、クランクの釣りは切り捨てる判断をしました。それからは再度上流に行き、4~5mレンジをスローに探る釣りに注力。
橋脚周辺=不発→移動。エリア最上流にある石積みサイドに入りたかったけど先行者が居たのでやや下流でやりながら空くのを待っているとパートナーが1本キャッチしリミットメイク。その後、最上流が空いたのでそこに入り、またもやパートナーが追加、入れ替え。橋脚周辺に戻り1本追加するも入れ替ならず。残り時間が少なくなってきたので帰着場所周辺で最後の悪あがき。帰着の手伝いしなきゃいけないのでもう上がろうと言いながら会場前でキャストしたスモラバにまさかのメガバイト!本日最大をキャッチしトータルウエイトアップ。お久しぶりのアイコネリ、ネバーギブアップな感じを堪能しましたーーyes!


結果は昨日お伝えした通り、3360gで優勝。

やっぱり最後まで諦めちゃダメやねぇ~
これだからトーナメントはやめられないよねっ!!

これで私の2015年トーナメントは全日程終了です。
来年も皆さんに支えて頂きながら、トーナメント活動していきたいと考えています。
応援、よろしくお願いいたします。
神出 誠治

PS 2016年も遠賀川トーナメントRB2開催予定です。
皆さんも震えるくらいのアイコネリなネバーギブアップ感覚、身体で感じでみませんか?
興味がある方はロッドマンにでも私にでも、お気軽にメッセージくださいねっ



コメントを投稿